前へ
次へ

冬の季節の葬儀の靴の葬儀マナー的選考とは

気温が下がると、ブーツを身に付けることも増加しますが、葬儀においては飾り気のない黒のパンプスが葬儀マナー的に望ましいといえます。
葬儀の靴は、葬儀マナーとして黒が前提条件です。
しかしながら、黒であってもローファーに関してはカジュアルな感じがするので自制したほうがよいでしょう。
回避する素材に関しては、殺生をイメージさせるスエードや爬虫類の革を用いたものはエチケット違反ということになります。
しかしながら靴のケースでは、革以外でフォーマルな感じがする素材が多くないこともあり、飾り気の無い素材のものは許容されることになります。
ヒールの高さに関しては一般的に見て3から5センチが推薦されています。
歩き回りやすい太めのヒールが効果的で、ピンヒールは回避します。
静かに執り行われる葬儀では靴の音においても気をつける必要があります。
ちなみに、寒冷地に於いての葬儀や大雪といった荒天の日に関しては、ブーツや長靴でも人の目にとまらない地味なものなら身に付けていてもよいでしょう。
当日の気象条件にあわせてケースバイケースで対応することが大事となります。
一方、 葬儀の際の男性の靴に関しては、形や素材やカラーのエチケットをしっかりと順守して選ばないといけません。
あらためていうまでもなく、男性のケースでは、女性ほど選び方はむずかしくないといえるでしょう。

故人様の大切な遺品や想い出を整理
プロの遺品整理士がきちんと片付けさせていただきます

http://www.hanasou-sougi.co.jp/
株式会社花葬では、24時間365日お電話やメールにてご葬儀の予約を承っております。

フォーマルな靴選択は、つま先と靴ひもを通す羽根というところに意識を向けます。
ストレートチップという、つま先に対して横へと一文字の線が入っているもので、ひもを通す羽根が外に出ない内羽根式がフォーマルな靴です。
ビジネスシーンでしばしば見られるつま先がUチップやウィングチップの靴それから、金具がついた靴はやめた方が良いでしょう。
さらに、靴下についても靴にマッチするように黒に統一しましょう。
また、靴を脱ぐシチュエーションでは、中敷きも黒にするとマナー的によいでしょう。

Page Top